スポンサードリンク

リゾートウエディングとは、リゾート地で行われる挙式のこと。友人や知人と泊まりがけで、リゾートを楽しみながら行う場合も
あれば、挙式のみを行い日帰りの場合もある。
一昔前でいうと、海外、とりわけハワイやグアムなどといった南方系の諸外国であげる結婚式のことを言っていたが、
近年は、日本語も通じ同じ国内、しかも人気の沖縄ということもありリゾートウェディングといえば、沖縄というイメージも定着
しつつある。


ブセナテラス
は、絢爛豪華な建物というわけではなく、備品・装飾品などが超高級というわけでもありません。ですが、“沖縄”
における“最高級のリゾートライフ”を提供してくれるホテルです。
一例をあげれば、立地や設計の中に、旅行のストーリーが織り込まれています。
レンタカーをエントランスにつける。
すると、吹き抜けロビーの開け放たれた扉の向こうから、圧倒的な存在感のある海が迫ってくる。
その瞬間、自宅を出てからここまでの長い移動の疲れが一遍に吹き飛んでしまう。
ホテルは、緑の濃いヤンバルの山と、透明度の高い海に囲まれた岬に建っています。
ブセナテラスは、その沖縄らしい自然を最大限に感じてもらうことをテーマに設計されています。ロビーを初めとして、客室廊下
など館内のいたるところがオープンエアーで、おそらく国内のホテルにはない大胆な作りをしています。もちろん暑い。しかし、
ゲストに汗をかいてもらって、都会のエアコン生活の中ではできない心地よさを感じて欲しい。人と海とを隔てたガラスを取っ払
い、潮風や波の音を感じて欲しい、そんなホテル側の思いがそこにはあります。広い敷地では、背の高い外灯ではなく、できる
限り薄明かりの足元灯を設置しています。もちろん暗い。そう、本来、夜というのは暗いのだ。そして、実は空には星がいっぱい
あるんだ、ということを教えてくれます。
その一方で、ブセナテラスは、至れり尽せりのホテルです。15ヶ所もの飲食施設、6ヶ所のショップを始め、スパ、エステ、ライブ
ラリー、キッズクラブまで、合わせて30ヶ所近くの施設があります。スタッフのサービスも、1ヶ所に電話すれば様々な手配をして
くれるバトラーサービスなど、充実しています。いろいろ使いこなせばまさに“気分は貴族!”。
“自然の中で過ごす”と“便利に過ごす”というふたつの矛盾する欲求を満したい、ワガママな方のためのホテルともいえます。
「何でもできる。何もしない」。ブセナテラスに泊まれば、そんな贅沢な時間を過ごせるかもしれません。
(引用:沖縄ツアーランド:http://hotel.okitour.net/hotelReport/htlBusena/)

リゾートウェディング 結婚 沖縄 リゾートウェデクング 結納 リゾートウェディング 費用 ブセナ ブセナテラス ブセナテラス
宿泊 リゾートホテル 結婚式 レストラン ウェディング 挙式 披露宴