スポンサードリンク

静岡県清水市(現静岡市清水区)を舞台にして、「ちびまるこちゃん」こと、さくらももこ とその家族、友達が繰り広げる日常を
描いた笑いあり、涙ありのコメディである。

1989年度(平成元年)、第13回講談社漫画賞少女部門受賞。

初期は、作者自身の小学生時代の実話をもとにした「あるあるネタ」やノスタルジー的な要素のあるエッセイ風コミックであった
が、長年連載が続くことによって元ネタが枯渇し、次第に作風を変化させてフィクションのキャラクターが多数登場し、ほぼ完全
にフィクションのみの話になっていく。それに伴い、登場キャラクターも初期は比較的リアルな人物描写であったが、次第にマン
ガチックにデフォルメして描かれるようになる。

テレビアニメ作品、劇場アニメ作品とともに大人気となった他、連載されていた漫画『りぼん』のコミックスの中では通巻最高発
行部数(3000万部以上)を記録。関連商品、キャラクターグッズも数多い。1989年に西武百貨店の新聞広告で使われたり、『ア
イドル時代の神話』(小倉千加子/著、朝日新聞社)(元は朝日ジャーナルの連載記事)などの書籍での紹介で、ある程度アニ
メ本放送前から一般にも知られていたが、1990年のテレビアニメ放映とそれに伴う関連商品発売、その他のアニメ版を基にした
イラスト広告などでの利用によって「平成のサザエさん」と呼ばれるほどの国民的な認知度を得るに至る。余談だが、サザエさん
は、学校の話が少ない一方、ちびまる子ちゃんは、学校の話が多い。1990年のキャラクター商品の売上額は年間100億円以上
を記録した。

第1期の初回視聴率は17.8%、第2期の初回視聴率は24.6%。1990年10月28日放送の視聴率39.9%で、歴代アニメ視聴率第1位
(1977年9月26日以降の調査において、ビデオリサーチ調べ・関東地区)。ビデオリサーチ調べ・関西地区での最高視聴率は19
90年10月14日放送の37.8%。

アニメは、2005年1月9日で放送15周年(第1期から通算)を迎えた。

2006年4月18日、10月31日には実写テレビドラマ化され(ドラマの項を参照)、2007年4月19日からはレギュラー番組として『まる
まるちびまる子ちゃん』の放送を開始する。
(Wikipedia)

ユーチューブ

ちびまるこ ちびまる子 ちびまるこ ドラマ ちびまる子 ドラマ まるまるちびまるこ まるまるちびまる子 ちびまる子 実写版
ちびまるこ 実写版 ちびまるこ オーディション ちびまる子 オーディション ちびまるこ 動画 ちびまるこ 画像